脂漏性による頭皮の荒れをケアするシャンプー◎フケも改善します

頭を洗ってもフケが残ったり頭皮がかゆいのに悩んでいる。
シャンプーでしっかり洗髪しているのにかゆみがあるなんて一体どうしてと思ってしまいます。

 

それってもしかしたら脂漏性皮膚炎というものかもしれません。
脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多い頭皮などに起こります。
皮脂の分泌量が多くなると起こり、頭皮に吹き出物、肌荒れ、肌が乾燥してカサカサになり皮膚が剥がれ落ちてフケが出ます。

 

脂漏性の原因はイロイロあります。
ホルモンバランスが崩れる、ビタミンBが不足している、頭の洗いすぎ、シャンプーなどのすすぎ残しが原因です。
肌がカサカサになるのですから洗髪のし過ぎは逆効果となります。

 

また、カビの一種である真菌が原因となることもあります。
このカビはマラセチアという常在菌の1つです。
常在菌ですから肌の表面に普通に存在する菌で、悪いものではありません。
しかし、マラセチアが皮脂の増加によって皮脂をエサの増殖すると悪い菌となります。
マラセチアは常在菌の1つなので頭皮に存在します。
マラセチアがあるからといって必ずしも脂漏性皮膚炎になるわけではなく、頭皮のpHや皮脂の分泌状態などの環境によります。

 

脂漏性皮膚炎の原因は上記のように色々あります。
対策としては、脂っこい食事を減らす、ビタミンBやビタミンCを積極的に摂る、紫外線対策をする、睡眠を十分にとる、洗髪の際に爪を立てずに指でなでるように頭皮を洗い、シャンプーなどはきちんと洗い流すようにするなどがあります。

 

カビの一種が原因の脂漏性皮膚炎によるフケや頭皮のかゆみの場合、専用のシャンプーで改善が可能です。
脂漏性による頭皮のかゆみやフケを改善するシャンプーを使用して、ゆびでなでるように頭皮を洗い、しっかりとすすぐことによって改善が期待出来ます。

 

脂漏性皮膚炎によるかゆみやフケをケアするシャンプーをご紹介します。
ご参考になさって下さい。

 

脂漏性をケアするシャンプー

脂漏性による頭皮のかゆみやフケをケアするシャンプーをご紹介します。

 

普通のシャンプーでは脂漏性への十分なケアが出来ません
それなら、脂漏性皮膚炎の一因がカビ(真菌)ですので、抗菌剤の入ったシャンプーで洗髪すれば頭皮のカビは消せるのではとお考えになるかもしれません。
しかし、抗菌剤入りのシャンプーでは他の良い常在菌までも消してしまうことになります
常在菌は頭皮や肌の正常を保つために非常に重要な存在です。
それを死滅させてしまっては頭皮を正常に保てなくなります。
肌のバリア機能を崩しては肌や頭皮が荒れてしまって脂漏性以外の皮膚炎も起こるリスクが高まってしまいます。

 

すっぴん地肌

すっぴん地肌は善玉菌フローラによって頭皮を正常に保つシャンプーです。
すっぴん地肌の特徴は、

  • 善玉菌フローラ
  • ボタニカル原料を使用
  • 無添加
  • ナノ化された植物エキスを配合

 

抗菌剤が入っているシャンプーでは、常在菌や肌を守る善玉菌まで死滅させてしまう可能性があります。
善玉菌が死滅することによって、肌のバリア機能が低下して悪玉菌が増殖するリスクが高まります。
すっぴん地肌は、善玉菌フローラによって頭皮をしっかりと洗うシャンプーです。
刺激物などで乱れた常在菌の環境を最適な状態にして、悪玉菌を抑えて頭皮環境を整えます。
また、悪玉菌の増殖や付着を防いでくれます。

 

すっぴん地肌は、9種類のボタニカル原料を使用しています。
頭皮に不足しがちな成分を配合しています。
保湿効果のクロモジとヒキオコシ、抑臭効果の柿タンニン、荒れや保湿効果の甘草やアロエベラ、美容効果のタチバナ果皮、うるおい効果のカゴメ昆布、頭皮サイクル効果のビルベリーを配合しています。

 

すっぴん地肌は髪をケアする植物エキスをナノ化しているので、髪の内部なで浸透してケアをします。
頭皮の洗浄と毛髪のケアの両方が出来るシャンプーです。

 

すっぴん地肌は天然由来成分を使用していて、シリコン、石油系界面活性剤、カチオン界面活性剤、合成ポリマー、合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤、合成着色料、合成保存料は不使用です。
天然由来成分で作られていますので、ボディーソープとしても使えます。

 

ご購入の流れ

すっぴん地肌をご購入の場合は、下の緑色のバナー(ボタン)を押して「すっぴん地肌」のページに進みます。
そのページの下部に「定期購入」と「単品購入」のボタンがありますのでクリックして進みます。
定期購入は送料無料で価格も単品購入よりお得です。
※中止や休止はいつでも出来ます。
支払い方法は、クレジットカード一括払い、コンビニ・郵便局・銀行後払い、AmazonPay、楽天ペイが使えます。

 

すっぴん地肌を購入の方はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

脂漏性による頭皮の荒れやフケを専用のシャンプーでケアしてみて下さい

 

 

 

全成分
水、コカミドプロピルベタイン、ミリストイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、グレープフルーツ果皮油、プロパンジオール、アルガニアスピノサ核油、カンゾウ根エキス、タチバナ果皮エキス、ビルベリー葉エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、アボカドエキス、ガゴメエキス、カキタンニン、クロモジ水、水溶性プロテオグリカン、アロエベラ液汁、クエン酸、ペンチレングリコール、安息香酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PCA−Na、ラウリン酸ポリグリセリル−10、α−グルカンオリゴサッカリド、BG、エチドロン酸4Na、クエン酸Na、グリセリン、グリシン、硫酸亜鉛、ラムノース、セリシン、グルコース、グルクロン酸

 

洗髪で注意すること

洗髪をする際に注意することがあります。
脂漏性皮膚炎は頭皮の環境によって発症することがありますので、頭皮は清潔に保つ必要があります。
ただ、たくさん洗髪をすればいいということではありません。

 

まず、洗髪をする際にお湯で濡らします。
シャンプーを泡立てるために濡らすのではなく、頭皮をお湯で洗うようにします。
シャンプーは髪の毛を使って泡だてるのではなく、手のひらで泡立ててから髪の毛に付けます。

 

頭を洗う際は、頭皮を指でマッサージするように洗います。
爪を立ててゴシゴシ洗う必要はありません。

 

シャンプーは刺激の強いものではなく、低刺激のシャンプーを使って下さい。
保湿成分が入っているシャンプーのほうが脂漏性皮膚炎には効果が期待出来ます。

 

シャンプーを流す際は残らないようにしっかりと洗い流して下さい。

 

洗髪が終わったら出るだけ早く髪の毛を乾かして下さい。
自然に乾くほうが髪の毛が傷まなくていいのではとお考えになる方もいますが、早めに乾かしたほうがいいのです。
頭皮には常在菌が存在します。
髪の毛が濡れた湿気たっぷりの環境で、常在菌は大繁殖を始めます。
菌の増殖によって最悪場合炎症が起きる原因となることがあります。
洗髪をしたら早めに髪の毛を乾かすようにして下さい。

 

 

脂漏性皮膚炎を食事で改善

脂漏性皮膚炎が日頃の食事が原因の場合、食事を見直すことによって症状が改善することがあります。
食生活が乱れている方は、日頃の食事を見直してみると良いのではないでしょうか。

 

食事を摂る際に避けたほういいものは、油っこいものです。
あと、お菓子やケーキは飽和脂肪酸が含まれていて、炎症を悪化させることありますのでご注意下さい。
血糖値が上がることによって炎症が悪化することもありますので、白米などの炭水化物の摂りすぎにもご注意下さい。

 

一方で摂ったほうがいいものは、不足すると過酸化皮脂によって炎症を起こすビタミンB2、新陳代謝を促すビタミンB6はおすすめです。
これらは毎日食事で補う必要があります。
これらは納豆などに含まれてます。

 

また、オメガ3系の油は摂取したいものです。
例えば、エゴマ油、亜麻仁油、DHA、EPAなどです。

 

食事を変えることによってすぐに症状が改善できるわけではありません。
シャンプーなどを使用して頭皮をケアすることと併用してゆくとより高い効果が期待出来ます。

更新履歴